Aタグのリンク文言部分にキーワードを入れる

Aタグのリンク文言部分にキーワードを入れるについてです。

「Aタグって何?」

という方もいらっしゃるかもしれませんので簡単に解説しておきますと、
別のページ、別のサイトへのリンクを作るタグですね。

HTMLで書くと


<A href="http://www.my-seo-research.net/">ここをクリック!</A>


という感じで使います。

で、SEO、検索エンジン対策を考えるときに、上の例だと「ここをクリック!」の部分を
キーワードを含んだ形にする、ということです。


インターネットの世界は、リンクがくもの巣のように張り巡らされた状態です。

逆にいうとリンクがなければそこにたどり着けない、ということになります。

リンクというのは言うなれば、そのページへの名札でしょうか?
(まさに、印、タグですね)


友達がぼくのことを誰かに紹介するときには、「こいつはこんな奴」という感じで
紹介してくれる思います。

リンクというのは、他のページについて「こんなやつ」というところを定義できるということですね。


なので、検索エンジンを作る人たちも、


 「きっとリンクで使われている言葉が、そのリンク先のことを良く表している言葉なんだろう」


と推測していると思われます。

なので、ページからページへのリンクでも「ココをクリック!」とか
「それを知るには?(つづきはこちら)」というように、どこにでもあるような指示代名詞を
使うのは得策ではないことになります。


きっちりキーワードを用いてリンクを作った方が、SEO、検索エンジン対策としては有効なのかなと。


たとえば、「SEO」というのを上位を取るキーワードにしたい場合、
ちょっと長くなりますが、「SEOで検索エンジン上位表示をするにはココをクリック!」とかいう感じで
リンクを繋いでいくということになります。

まぁ、TITLEタグなんかに比べると、有効度はあんまり高くないような気もしますが・・・。

いつかあなたのサイトからリンクして頂ければ幸いです。

ブログにまとめる前にTwitterでブツブツつぶやいてます。
お気軽にフォローしてください、連絡不要です。独り言はこちら



posted by ヤフーの上位表示を目指す at 2003年03月09日 09:09
| SEO、検索エンジン対策の基礎

免責)検索エンジン対策については、 当方は、検索エンジン構築側の人間でないためどれも正しい対策という保証はありません、 あくまで経験上の推測です。情報の取捨選択、正誤の判断については自己責任でお願い致します。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。