キーワードにはSTRONGタグを使って強調する

キーワードにはSTRONGタグを使って強調するについてです。

「STRONGタグって何?」

という方もいらっしゃるかもしれませんので簡単に解説しておきますと、
これは、ここからここまでの言葉を強調します、という印です。

文字が、太字になってたりするやつですね。


STRONGタグが検索エンジンに重要視される理由ですが、
STRONGタグは正しいHTMLの使い方からすると
「強調したい言葉」に使われているはずです。

なので、逆に検索エンジンを作っている人々は、


 「STRONGタグになっている言葉は、このページ内で重要で強調される言葉であろう」


と推測していると考えることができます。

なので、文中にある検索エンジンで引っ掛けて欲しいキーワードには、STRONGタグを使って
強調することが有効になると思われます。


表から見ていると、Bタグ(フォントを太字にするタグ)でも同じ表示なのですが、
タグの意味からするとBタグを使って太字にして強調するよりかは、STRONGタグを使って
強調するほうがSEO、検索エンジン対策的には、有効になると思われます。

いつかあなたのサイトからリンクして頂ければ幸いです。

ブログにまとめる前にTwitterでブツブツつぶやいてます。
お気軽にフォローしてください、連絡不要です。独り言はこちら



posted by ヤフーの上位表示を目指す at 2003年03月08日 08:53
| SEO、検索エンジン対策の基礎

免責)検索エンジン対策については、 当方は、検索エンジン構築側の人間でないためどれも正しい対策という保証はありません、 あくまで経験上の推測です。情報の取捨選択、正誤の判断については自己責任でお願い致します。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。