キーワードにはHタグを使ってページを作る

キーワードにはHタグを使うってページを作るについてです。

「Hタグって何??」


という方もいらっしゃるかもしれませんので簡単に解説しておきますと、
これは、ここから「見出し(Header)」が始まりますよ、という宣言をするためのタグです。

H1〜H6まであって、1が一番大きな文字で表示されることになります。

本でいうと、H1が章の見出し(大見出し)、H2が節の見出し(中見出し)、
H3が段落見出し(小見出し)、という感じでしょうか?

ページの中にいろいろ文章を書くと思いますが、その時に、ここからここまでの内容が、
文章の見出し、という定義したいときに使います。


たとえば、「SEO、検索エンジン対策」をキーワードに盛り込んだ、検索エンジン対策についての
ページを作る場合には、

<H1>第一章 SEO、検索エンジン対策について</H1>
<H2> 第一節 検索エンジン対策とは?</H2>

<p>  検索エンジン対策とは、検索エンジンの検索結果の一覧で、より上位に自分のWebページが
表示されるように工夫することです。

また、そのための技術のことを言います。「SEO、検索エンジン最適化」などとも呼ばれます。
</p>

上記の内容は下記のように表示されます。


第一章 SEO、検索エンジン対策について

 第一節 検索エンジン対策とは?

 検索エンジン対策とは、検索エンジンの検索結果の一覧で、より上位に自分のWebページが
表示されるように工夫することです。

また、そのための技術のことを言います。「SEO、検索エンジン最適化」などとも呼ばれます。


というような感じにする、ということです。

これは、どういう推測に基づいているか?というと、TITLEタグと同じなんですが、
Hタグは、見出しです。

なので、


 「その見出し内で使われているキーワードについて、それ以降の文章が書かれている」


と検索エンジン構築側が検索システムを作っているだろうという推測しています。


で、H1が通常、一番大きい文字で表現されるので、大きい見出しは、特に端的にそのページが
何について書かれてあるか?を判断する材料になると思われるので、重要になります。

字を大きくする方法は、たとえば、FONTタグの文字サイズを大きくすれば表示上は同じ効果が
得られますが、意味的には全然違う、ということになってくると思います。

いつかあなたのサイトからリンクして頂ければ幸いです。

ブログにまとめる前にTwitterでブツブツつぶやいてます。
お気軽にフォローしてください、連絡不要です。独り言はこちら



posted by ヤフーの上位表示を目指す at 2003年03月07日 08:46
| SEO、検索エンジン対策の基礎

免責)検索エンジン対策については、 当方は、検索エンジン構築側の人間でないためどれも正しい対策という保証はありません、 あくまで経験上の推測です。情報の取捨選択、正誤の判断については自己責任でお願い致します。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。